家づくりで大切な資金計画と土地探し

家づくりの資金計画は、将来の人生設計を見据えたうえで立てることが大切です。また、土地探しでは「土地ありき」でなく、住まいの可能性を引き出してくれる場所を選びましょう。いずれの場合も、入念な準備とシミュレーションと情報収集がポイントです。徳島の工務店「有限会社 河村総合建築」が、資金計画と土地探しについてお伝えします。

資金計画のポイント

資金計画のポイント

無理のない資金計画を立てるには、まずは大まかな予算を決めることからスタートします。マンションや建売住宅以上に、注文住宅では事前の資金準備とその計画が重要となります。家づくりで後悔しないためにも、しっかりと資金計画を立てましょう。

「住宅ローンの種類は予算と比べて妥当か?」「金利や返済期間に問題ないか?」「資金計画に見合わない住まいを購入して、住宅ローンの返済に支障がでないか?」など、さまざまな観点からコストシミュレーションを行いましょう。そして、予算に見合う住まいと住宅ローンを選ぶようにします。

なお、注文住宅では土地購入からスタートするという方も多いものです。その場合、状況によっては地盤調査や改良にかかるコストも計算する必要があります。余裕を持って準備を進めてください。

将来を見据えた資金計画を立てる

家づくりの資金計画は、将来のことも見据えたプランニングが大切です。生活費はもちろん、子どもを産み育てるには学校教育費がかかりますし、大学進学となればさらに費用はかさみます。老後の生活資金も考えなくてはいけません。家の購入だけで家計が大変なことにならないように、ライフステージの節目における収支を予測し、さまざまな状況に柔軟に対応できるだけの対策も立てるようにしてください。

例えば、子どもの独立後、教育費がかからなくなったことで貯蓄が増えれば、その分をローン返済に回せるでしょう。このように、ローン返済額を一律に計算するのではなく、状況に応じて増減を図ることで資金計画のめども立てやすくなります。

マイホーム購入が人生の最終目標ではないはずです。その後の人生をおだやかに過ごすためにも、先々のことを考えたうえで、土地や建物にかける予算を適切に配分しましょう。

土地探しのポイント

注文住宅で新居を購入するなら、土地探しが必要になります。ただし、必ずしも土地の購入から始めるわけではありません。土地ありきで家づくりを進めると、さまざまな不都合が生じて計画が狂うこともあります。どちらを先に決めるかは、家づくりに求めるニーズによって決まります。

タイプ1:立地を優先する

タイプ1:立地を優先する

通学に不便がない「商業施設が近くにある」など、立地条件を優先する場合は、土地探しからのスタートをおすすめします。土地によっては予算内に収まりきれず、結果的に狭い土地を購入する選択肢しかないかもしれません。土地の価格は立地によって大きく左右されるため、予算とのバランスの中で決めることが大切となります。

タイプ2:住まい空間を重視する

タイプ2:住まい空間を重視する

「何よりもまずは環境を重視したい」「広いリビングがほしい」などの要望があれば、まずはどのような住宅設計にしたいのかコンセプトを決めたうえで、そのニーズに応えてくれる土地を見つけましょう。例えば3階建ての新築を望む場合は、建物の高さ制限を設けていない土地を選ぶことが重要となります。採光性を重視するなら、日当たりを確保できる土地が第一条件です。ご希望に合わせて条件を設定し、理想の土地を見つけましょう。