リフォームとリノベーションで暮らしに合わせた家づくり

必要最小限の変更・修繕に抑えるリフォームに対し、リノベーションは建物の用途まで変更する工事規模を含みます。徳島の工務店「有限会社 河村総合建築」では、リフォーム・リノベーションも手がけております。お客さまの要望に沿って工事のプランニングを進めますので、ぜひご相談ください。

知っているようで知らない、リフォームとリノベーションの違い

同じ意味で用いられることも多い、リフォームとリノベーション。ふたつの言葉を明確に理解するには、「工事の規模」と「住まいの性能」のふたつのポイントを押さえることが大切です。

ポイント1:工事の規模が異なる

ポイント1:工事の規模が異なる

クロスの貼り替えや、システムキッチンの変更、ユニットバスの入れ替えといった比較的小規模の工事は「リフォーム」に相当します。これに対し、「リノベーション」は場所・費用・期間ともに大がかりな工事を必要とするもので、具体的には水道管や排水官の取り換え、冷暖房設備の変更、または部屋の設計構造そのものを変更するものまで含みます。

ポイント2:住まいの性能に見られる違い

ポイント2:住まいの性能に見られる違い

一般的に、リフォーム工事は必要な修復・修繕を行うことを目的とするため、新築以上のグレードアップは見込めません。多くの場合、新築時の状態以下の性能にとどまるでしょう。一方、リノベーションは、その建物に付加価値を与えることを目的とするため、性能は新築時以上となります。

リノベーションの範囲は幅広く、住宅用スペースをオフィスに改修したり、オフィスに飲食店スペースを設けたりする工事も行われています。これら「コンバージョン」と呼ばれる工事は、「廃校小学校→老人ホーム」「オフィスビル→居住用マンション」というふうに、既存建物を有効活用する対策として最適の技術です。

リフォームのメリット

リフォームのメリット

リフォームの設計・プランニング・施工管理を経験豊富な設計事務所に依頼することで、専門家の立場から有益なアドバイスが受けられ、住居の長期使用に生かせます。新たにマンション・住居を購入するより低コストで住まい環境を維持できます。

リノベーションのメリット

お住まいの可能性を広げてくれるリノベーションには、さまざまなメリットがあります。

リノベーションのメリット1:設計の自由度が高い

リノベーションのメリット1:設計の自由度が高い

お客さまの好みやニーズ、ライフスタイルの変化に合わせ、自由に設計の変更を加えられるところが、リノベーションのメリットです。例えばお子さまが生まれて家族が増えた場合も、リノベーションによって部屋をひとつ追加すれば、手狭な空間でお子さまが不自由な想いをすることもありません。

自由に設計できるだけに、個性豊かでどの家にもないデザインの住まいにすることも可能です。

リノベーションのメリット2:新築よりコストを抑えることができる

リノベーションのメリット2:新築よりコストを抑えることができる

新しく一戸建てを建築するより、今ある住居を生かしてリノベーションする方がコストの面でお得です。昨今はリノベーション自由の中古物件も多数出回っており、コスト対策でそれらの戸建て・マンションを購入する方も少なくありません。

また、リノベーションすることで資産価値にもよい影響をおよぼすため、資産運用の面でも価値があります。

リノベーションのメリット3:物件の選択肢が増える

リノベーションのメリット3:物件の選択肢が増える

リノベーションを前提とする物件を購入する場合、対象は中古物件にまで広がるため、選択肢が増えるメリットがあります。理想とする土地・戸建てがあっても、予算との関係で折り合い付かず、断念するケースも出てくるでしょう。

希望エリア内で予算に見合う住居が見つからない場合、中古物件を購入して将来リノベーションをすれば、新築購入より低コストで理想の住まいが手に入るでしょう。